これをクリアすれば借りれる消費者金融の審査基準

消費者金融に申し込みをして審査を受ける前に知っておきたいのは、消費者金融の審査基準です。
いくつかの基本的な条件をクリアしていれば審査に通る可能性が高くなります。

 

消費者金融が審査の際にチェックするのは個人の属性です。
属性とは、年齢や職業、年収、既婚か未婚か、既存の借入の有無などが含まれます。

 

まず年齢について考えてみましょう。
ほとんどの場合、消費者金融は20歳以上69歳以下の人を対象に融資を行なっています。

 

さらに、「安定した収入がある人」というのが条件です。
中には学生を対象にしたローンもありますが、基本的には借金を支払える能力がある社会人を対象にしています。

 

職業と年収は、審査の結果に影響する大きなポイントです。
正社員で勤続年数が長ければ長いほど属性が高いとみなされ、審査に通る確率が高くなります。

 

年収が高くても勤続年数が短いと、融資額が低く抑えられるケースがあります。
逆に、パートやアルバイトでも、継続して安定した収入があれば審査に通ることができます。

 

また、家族を養う必要のない未婚者は既婚者よりも属性が高いといえます。
つまり、年収が高ければそれで良いという判断ではなく、総合的に判断した結果、消費者金融から見て貸し倒れの可能性が低いと思える人は審査に通ることができます。

 

すでに他社からの借入があると審査が厳しくなることを考えると、はじめての申し込みということ自体も、審査を有利に進めることができるポイントといえるでしょう。
また、消費者金融は申込者が信頼できる人かどうかをチェックしているので、収入を多めに記入したりせず、個人情報を正直に記入することが大切です。