消費者金融の金利について知っておきたいこと

借入を始める前に、必ず理解しておくべきことがあります。
それは金利です。

 

金利とは借入した金額に対して年間で付く利息のことです。
本来借入した金額とは別で支払うお金の事ですが、消費者金融の金利は銀行より高めに設定されています。

 

そのため、なるべく低金利で借入できる業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、そもそも平均的な金利がどれぐらいなのかを知らなければ、選びようがないかもしれません。
金利には賃金業法が関係しています。

 

賃金業法では、10万円未満なら上限金利20%・10万円以上100万円未満なら上限金利18%・100万円以上なら金利15%までと定められています
申し込みの時もそうですが、契約書に記載されている金利がこれを超えていないかよく確認しましょう。

 

消費者金融の金利について調べていて、たとえば「借入利率:4.5%から17.8%」と書かれていたとします。これが落とし穴になることがあります。
ついつい4.5%という利率に注目しがちですが、これはあくまで下限金利であって、この金利が適用されるわけではありません

 

基本的に、はじめての利用の場合は上限金利からスタートすると思っておいた方が無難です。

 

月々の返済額は自分の支払い能力に応じて決めることができますが、あまりに少額に設定すると、延々と返済を続けなければいけなくなるので注意しましょう。
なぜなら、月々の返済額はまず利息の支払いに充てられ、残りの額が実際に借りた金額の支払いに充てられるからです。

 

利息だけを毎月支払っていたら、いつまでたっても完済できません。

 

はじめての利用の場合は上限金利が適用されることを考えると、低金利の業者を探すというよりも、無利息サービスがある業者を選ぶ方が実際的です。
特に、給料日までの数日間だけお金に困っている場合など、無利息期間中に完済できる見込みがある場合は、ぜひ無利息サービスを利用しましょう